カテゴリー 「こころ」

P7150252.jpg

P7150249.jpg 

P7150248.jpg 



こころの記事を楽しんでいただく方もあって

親バカながら カテゴリーに 「こころ(ポメプー)」 を作って

こころ関係をまとめてみました





このところ暑い日が続いて

昼間のこころといえば クーラーの効いた部屋で

こんな状態で ひたすらだらけています

仕事の邪魔はしないので助かっているけど

夕方の散歩時間が近づくと催促してきます

まだまだ外は暑いけど

この時を楽しみに1日待っているのだと思うと

重い腰を上げざるを得ません・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

何の木?

20170727.jpg


尾張温泉の駐車場の隅っこに

根元近くからバッサリ伐採された木がある

きっと大きくなりすぎて

駐車スペースを塞ぐので切られたのだろうか

その木から 真っ赤な若い葉が生まれてきた

何の木だろう?




こんなに思い切り存在を否定された木でも

まだ生き延びることをあきらめていない

その逞しさを賞賛するが

これが大きく育ってくると

また バッサリ切り取られてしまうのだろうか・・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

カワウ

20170726.jpg


川の中ほどの杭に

カワウが2羽 羽を休めている

鵜といえば 「鵜飼」 を思い浮かべるのだが

鵜飼の鵜は ウミウを使うらしい

鮎を獲るのだから カワウが相応しいと思うのだが




その理由の一つには

体の大きさが挙げられる

ウミウが体重4kg程なのに対して、カワウは体重3kg程度

体が大きいと より深く潜ることができ

鮎のような大きな魚を捕らえることができ効率がよい

カワウは体が小さいので鮎などの大型魚でなく

オイカワなど小型魚を捕食するのが得意

また 同じウミウでも

鵜飼いには雄鳥が用いられる

雌鳥は神経質な為 漁には向かないらしい




鵜には 人の都合によって分類されることもないのだが

この子達は 鵜飼にとっては必要のない子達なのだ

しかも 最近カワウの繁殖が多くて

漁業被害も出ているようだ

この子達にとって

人間社会は 住みにくい世界になってきたと言えるのかも・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

アメリカデイゴ

20170725.jpg 

P7240354.jpg


健康診断の結果を聞きに病院を訪れた時

駐車場の奥に真っ赤な花をつけた木を発見

アメリカディゴだ!!

駐車場の端まで行ってみたが フェンスがあって近づけず

隣が空き地で その向こうに木がある




以前 堤防の散歩時に

川向こうにあるサンゴジュを見つけたが

ズームを最大にしてしか撮ることができなかった

因縁の木が こんなところにあった!




早速 今日の散歩はこの木を目標にした

ぐるーっと回って

草の生い茂ったこの空き地に入り込み

間近で撮影することにする

近くで見ると結構大きな木だ




道路から空き地の草むらに入る時

こころはかなり抵抗したが

抱きかかえて下ろしてやったら

仕方なく草を掻き分け付いてきてくれた

念願を叶える事が出来て

こころにも 「ありがとう!」




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

リベンジツバメ ⑤

20170724.jpg


心配していたリベンジツバメが こんなに大きくなりました

巣の中に4羽が入りきらなくなって

そろそろ飛ぶ練習が始まっています


1.jpg

さあ、
お母さんが飛び方を教えるから
一人ずつ順番に飛ぶんだよ
大丈夫だからね
2.jpg

そうそう 上手上手
力いっぱい羽を動かせば
ちゃんと飛べるからね!
3_2017072411225506c.jpg

巣のすぐ前には電線があります
ここまで飛んだら一休みします
世界が大きく広がった気がします
4.jpg   この子は
こんな遠くまで飛んできました
ここまで飛べたらもう大丈夫だね!

この子らが巣立っていく日も近いようです

長く見守ってきた子達なので

嬉しくもあり寂しくもあります

旅立ちの日に タイミングよく見送ることが出来るだろうか




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

空蝉

20170723.jpg


今朝 花の水遣りをと思って

散水ホースを持ち上げて気付いた

こんなところにセミの抜け殻が・・・

昨夕使ったときはなかったから

夜間のうちに ここまで登って脱皮したのだろう

朝一番に聞いた鳴き声は この子かもしれない





空蝉 (うつせみ) とは セミの抜け殻のことで

空しいこと はかないことの例えとして用いられた言葉だ

語源は 「 現し人 (うつしおみ) 」 で

生きている現実の人間は はかなく空しいものだと考えたところから

「 うつしおみ 」 → 「 うつせみ 」 という言葉に変化し

「 空蝉 」 という漢字が当てられた

そして

「 セミの抜け殻 」 「 空しい世の中 」 「 はかない人間 」 

といった意味で用いられるようになったといわれている




空蝉の 今朝生まれた新しい命は

短く儚い一生の終わりに向かって

飛び立っていったのだろうか・・・・






blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ネクタリンを撮る

20170722.jpg


公園のネクタリンが今年も実をつけている

見るから美味そうに見える



以前もこのブログで書いたけど

公園に出来る果実は採ってはいけない

ギンナンのように下に落ちたものは自由に持ち帰ってもいいが

枝に実っているものを落として採ったら

窃盗罪になるらしいのだ



結局は鳥に食われるだけなので

許可を取ってから採ればいいのだろうけど

そこまでする気はないので

今回も写真に撮るだけ・・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

気になる

20170721.jpg


散歩してたら遠くで犬の鳴き声がした

誰だろう?

気になって立ち上がってみたけど

それ程身長が高くなることはない

植え込みのほうが背が高くて

そんなに遠くが見渡せるわけではない

見えないから よけい気になる・・・・

どうしてあんなに鳴いてるんだろう?




「行くぞ!」 って促されても

やっぱり気になる・・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

鳥からの贈り物

20170720.jpg

P7190301.jpg 


庭の金木犀の木の下で

沢山 マンリョウが育っている

これは マンリョウの実を食べた鳥たちが

金木犀の枝に止まって糞を落とし

その種が育ってきたものだ




今 そのマンリョウが花をつけ始めている

この花が赤い実をつけ

その実を鳥が食べ

どこかの木の下に 新しいマンリョウを育んでいく

そのうち周囲にはマンリョウの森が出来るかもしれない




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

儚い命

20170719.jpg


今朝 庭に出たら

車の下に一匹の蝉が息絶えていた




ほんの2~3日前 蝉の声が聞こえるようになったと

ここでも書いたばかりなのに

この蝉はもう一生分のなすべきことを果たしただろうか・・・・




人から見れば 蝉の一生は一瞬

でも

宇宙的規模から見れば

人の命も 蝉と同じ一瞬かもしれない

この一瞬の瞬間に

自分はなすべきことをやってるだろうか・・・・?

今この時間を もっと大切に生きなければならない

儚い一生だったと後悔しないためにも・・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミング
単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1088位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
382位
アクセスランキングを見る>>