FC2ブログ

啓蟄

20190306.jpg


今日6日は二十四節気の 「啓蟄」


地中にて動き始めていた虫類が、
この頃になって被れた地殻から匍いでて来る陽気で
桃の花も咲き始め倉庚(うぐいす)がさえずり始めるころとされている
これは虫に限らずカエルやクマなどあらゆる動物が
冬眠から目覚め始めることを意味します


しかし 実際には三月上旬から中旬にかけてはまだ寒く

虫が冬眠から起き始める平均気温10℃を超えることが少ないため

「啓蟄」 とはならないようなのだが

鉢植えを並べている階段の縁でバッタを見つけた!

夏の日には 庭でもよく見かけたが

啓蟄にいきなり見かけるのは珍しい

二十四節気にあわせようと

ちょっと急ぎ過ぎなかったかい?

ま、目立つことは目立つんだけどね!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日々の歳時記 今日という日がわかる (PHP文庫) [ 夏生一暁 ]
価格:1728円(税別、送料別)(2019/3/6時点)





 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

鳥害対策 ②

20190121.jpg


先日のブログでの鳥害対策の 「トマライン」 覚えてますか?

これを知って 以前から家の近くの電線に

クルクルとコイル状に巻きついてる電線は何だろうと思っていたけど

実はこれも鳥害対策用品だったんだね!

そう思って探して見ると

トゲトゲのいっぱい付いた電線も近所にありました

調べて見るとこの他にも種類は沢山あって

「トマライン」 「トマラセン」 「トマラリード」 等の名前の付いたものや

鳥を止まらせないために NTTや各地の電力会社によって

名前や形態の違うものがいろいろあるようです

今は そんな電線を探して歩くのも散歩の楽しみになりました



でも 敵もさる者

そんな対策も省みず 工夫して止まってる姿を

見ないこともないんだよな・・・・!





 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

またトマラインか?

20190112.jpg

昨日のブログでトマラインを覚えたばかりなので

あっ またトマラインか? と思ったけど・・・・

動いている!

今度は本物の鳥のようだ

結構な数が止まっている

でもこの程度なら鳴き声もほとんどしてないし

鳥害というほどのことも無いと思う

昨日のトマラインの設置場所は

カラスの大群だったのかもしれない

以前 マンションの屋上付近に大量のカラスがいて

その泣き声が大騒音だったのを見たことがある

(その時の記事がこちら)

人と動物 共存するのは難しい世の中になってきたね




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

トマライン

20190111.jpg

電線にたくさんの小鳥が止まっている・・・・

ように見えた!

近くに来て見上げて見たら鳥ではなかった

1箇所にこんなに沢山何なんだろう

この場所だけに付いているようだ



調べてみた

これはトマラインという鳥獣害対策用品のようだ

電線の上に細いワイヤーを張り 

小鳥が止まれない状態にする「鳥よけ」で 

顧客からの要請で必要最低限の範囲で

設置してくれるそうです

このお宅は鳥の騒音か糞害でよほど困ったのだろうか?

見たところ周りに鳥の姿は見かけなかったけど

どの程度の効果があるものなんだろう・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

黒い団体さん

20190105.jpg


今年も黒い団体さんがやってきた

水面に浮かぶ真っ黒な点々は 「オオバン」 だ

オオバンは
夏季にヨーロッパ、シベリア、朝鮮半島などで繁殖し、
冬季になると東南アジアやアラビア半島、サハラ砂漠などへ南下し越冬する。
日本では夏季に北海道(夏鳥)、本州、九州で繁殖し、
冬季になると本州以南で越冬する
全長39cm。全体は灰黒色で額とくちばしは白色です。
「キュイッ」と聞こえる声を出す。
黒いからだに白いおでこ、というモノトーンのしゃれた配色で、
西洋では、その色彩やら身のこなしから美や雅のシンボルとなる
(Wikipedia & 日本の鳥百科より)

この鳥を 「幸せを運ぶ黒い鳥」 とも呼ぶそうだ

その理由は去年の記事で書いている (その記事がこちら)

今年も出逢うことができたから

幸せを運んできてくれるかなぁ・・・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

越冬コサギ

20181212.jpg


片足がやっと掴めるような小さな杭に止まって

冷たい水から逃れるように コサギが固まっている

長い首を羽根にうずめて 寒さを耐えているようだ

この川のすぐ横は尾張温泉!

人々は暖かい温泉に浸かって

心身ともに癒されていることを知ってるだろうか?

本来コサギは夏鳥で暖かい場所へ移動して越冬するようだが

そのまま同じ場所で冬を越すものもいるそうだ

この子はここに居座る決断をしたんだろうか?

せめて源泉かけ流しの湯が 川へ流れ出てくればいいのにネ・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

トカゲのベッド

20181030b.jpg 


トカゲがツワブキの葉の上で眠っています

フワリとゆりかごの様なベッドが気持ちよさそう・・・

そろそろ寒さが身に染む季節になってきたから

土の中に入って冬眠の準備を始めたほうがいいよ!



ニホントカゲは変温動物です

変温動物とは気温によって体温が変化する動物で

日光を浴びて体温調節を行ったり

寒い冬になると土に潜り冬眠をします

冬眠と言ってもずっと寝続けるわけではなく

時々は起きてきて水を飲んだりするようです

トカゲを見る機会も 今年はもうこれで最後かなぁ・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

はねる魚




夕方散歩してると バシャンと大きな水音がして

川面を魚が飛び跳ねている

佐屋川はヘラブナ釣りが有名で多くの釣り人も訪れる

そんなヘラブナかな? 跳ねるのが得意なフナかもしれない

あっちこっちで飛び跳ねているのは

明け方と夕暮れ前は 魚の活性が上がるかららしいです

これまで何度も飛んでる姿を写真に撮ろうと挑戦してみたが

タイミングが合わずいつも失敗

ずーっと もうあきらめていたんだけど

そうだ! 動画で撮ってみようと思い立った

でも なかなかカメラを向けている場所では飛んでくれない

音がした頃カメラを向けてももう遅い!

かなり粘ってやっとこれだけ

遠くで飛んでるものもいるから

目を凝らして見つめてみて!!

テレビで良く見る貴重な一瞬の動画は

奇跡的に運がいいか 粘り強い努力の末か

プロカメラマンはスゴイなぁってつくづく思う




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。
検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミング
単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
352位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: