空と堤防

20161130.jpg 


朝から草刈機や除草車の音が響いていた

伸び放題になっていた堤防の草が

すっかりきれいになって

スッキリと直線を現し

その晴れやかな姿を称えるように

素晴らしい空が広がっていた

とても気分がいい!



blogramのブログランキング

もみじ

20161129.jpg 


赤 橙 緑

モミジがカラフルに変身しようとしている

イチョウの黄色や 常緑樹の深緑

林の中が パレットの絵の具のように

綺麗な色彩に包まれている




背を丸めるほどの寒さもなく

そんな晩秋の公園を歩くのが楽しい




blogramのブログランキング

庭の千草

童謡・唱歌・流行歌全集より -8-

20161128.jpg 
そろそろ庭に咲く花も少なくなり 

健気に咲いている白菊の花を見ると

明治17年に『小学唱歌集』に載せられた 

『庭の千草』をふと思い起こします




一般的には 冬枯れの庭に咲き残る白菊を歌ったものと思われているが

実は 伴侶に先立たれた人が

健気に生きる姿を歌ったものなのだそうです





庭の千草 小学唱歌集

 庭の千草も 虫の音も   かれて淋しくなりにけり

 あゝ白菊や あゝ白菊   ひとりおくれて咲きにけり


 露にたわむや 菊の花   霜におごるや 菊の花

 あゝあはれあはれ あゝ白菊

 人の操も かくてこそ





初冬の庭に咲く 白菊のあわれを歌っているが

表面的な自然描写の背後に 人の心情描写が隠されている

心情を直接的に露骨に表現するのではなく

自然に託して 間接的に奥ゆかしく表現する

このような重複構造を読み解かなければ

その歌を本当に理解出来ないといいます




そんな歌を小学唱歌として なぜ歌われてきたのだろう?



それは同音異義語の掛詞などによる大和歌の重複構造を

現代短歌が切り捨ててしまったため 

隠された意味に触れることがなくなってしまったという


このことが 「うたことば歳時記」 というブログで

詳しく述べられていた

参考 「庭の千草」の秘密




blogramのブログランキング

大胆な剪定

20161127.jpg 


公園の草刈や

樹木の伸びすぎた枝の剪定作業が進んでいる

でも この木はなぜここまでバッサリ切られたの?




剪定とは 木の枝を切って形を整えたり

木の成長を健やかに行う目的で行われるもの

害虫発生の抑制にもつながることから

もしかして この木は害虫に侵されていたの?




それにしても 先日まで豊かに茂らせていた枝が

見る影もなくなって ちょっと可哀そう








blogramのブログランキング

夕げの匂い

20161126.jpg 


今日も平穏な1日が暮れようとしている

空のグラデーションに

家々のシルエットが美しい




どこかで夕げの準備をしているのだろう

おいしそうな匂いが漂ってくる

温かい家庭の匂いがする




たまには息子夫婦と共に食事もしたいけど

今日も宅食弁当を温めて食べる

急いで家に帰ろう





blogramのブログランキング

紅葉

20161125.jpg 


ケヤキの紅葉がきれいだ

この地方で言えば 香嵐渓のモミジが有名

日本全国 紅葉の観光地は沢山あって

観光客が多く訪れているが

そんなに遠くまで出かけなくても

近場の公園でも紅葉は見られる




今年もこの公園で

散歩を兼ねて赤くなったケヤキや

黄色く敷き詰められたイチョウの絨毯を楽しんでいる


B245551.jpg 



blogramのブログランキング

3歳

20161124.jpg 


こころは11月23日が誕生日で 昨日3歳になった

相変わらずの内弁慶で

家にいると ちょっとした物音にも反応して

いつまでも啼き続けます



けど



リードに繋がれて外に出ると

他の犬にほえられても ほとんど啼かない





話しながら歩く人を見ると

ずーっと 後を付いていこうとする

その人が気づいて

「可愛いね」 とさわろうとすると

逃げ回る

いつまでも大人になれない小心者です



blogramのブログランキング

宵の明星

http://www.astron.pref.gunma.jp/flash/venus2.html20161123.jpg 


散歩から帰った時 ふと空を見上げると

南西の空にひときは強烈な光を放つ物体を発見!!




あれ? もしかしてUFO ??




そう思えるほど 他の星とは違い光が強い

カメラズームを 望遠側に最大にしてしてみると

なにやら もやもやした細胞状の模様が見える



やっぱり UFOか?



隣人まで巻き込んで カメラを覗いたのだが

後からネットで調べてみたら 「金星」 と判明




金星は 明け方や夕方にしか見られず

真夜中には見えない星

そのため 「明けの明星」 「宵の明星」 と呼ばれる

見え方の原理を 県立ぐんま天文台 のHPで

分かりやすく解説している



結局 「なぁ~んだ!」 だったけど

あの モヤモヤ模様はカメラノイズだったの?

同じ條件でスーパームーンを撮った時は

きれいに撮れたのに

2台のカメラで同じように写ったから

そこのところが納得できない・・・





blogramのブログランキング

冬支度

20161122.jpg 


公園の柳が冬支度を終えた

昨日までふさふさと しなやかに揺れていた枝が

すっかり切り落とされて

幹だけを残して丸裸になった



樹木で 冬の風物詩といえば

兼六園の雪吊りの松は有名だが

このあたりで それほどの雪は降らないから

ここまで刈り込む事はないかもしれないと思った




だが 柳はどんどん大きくなるので

垂れ枝を10本前後残し 他の枝は全部間引きして

芯を止める目的があるようだ




こんな状態になっても

また翌年には しなやかな姿を取り戻すのだから

自然の力は偉大だなぁと感心する

そして これを見て冬を実感するんだなぁ・・・



blogramのブログランキング

ワルナスビの実

20161121.jpg 


堤防の縁で いつも見かけたワルナスビの白い花

いつの間にか見なくなったなぁと思っていたら

黄色い果実を付けていた


E383.jpg 

最初は小さなスイカのようだったが

今は黄色い飴玉のようで よく目立つ

その割には 毒性があるので

鳥についばまれることもない



綺麗だから手折って 持ち帰ろうと思っても

鋭い棘に阻まれる

厄介なヤツだ




blogramのブログランキング

ピンクの山茶花

20161120.jpg 


近所のお宅では 

早くからピンクの山茶花が咲いている

我が家の赤い山茶花は

まだ蕾ができ始めたばかり




「隣の芝生は青い」 という諺があるが

早咲きのピンクの山茶花は

優しい色合いで 可憐で可愛い

ないものねだりか・・・・





blogramのブログランキング

日没

20161119.jpg 


少し前までは 夕方の散歩時間はまだ明るかった

五時を過ぎても 公園の休憩場所で

ゲームに夢中の小学生軍団や

テーブルにノートや参考書を開いて勉強している

中学生をよく見かけた




公園の中には図書館があって

読書や調べものをするスペースもあり

多くの学生は そこで勉強しているのに・・・



公園で遊ぶ子供たちの声や

散歩する人が その横を通るし

第一 室内と違って寒い!

そんなことが気にならないのだろうかと 

いつも思っていた



さすがにこの季節になると

この時間は暗闇が迫っている

子供たちの姿が見えなくなって

ここを通るのが ちょっと寂しい





blogramのブログランキング

秋色

20161118.jpg 


見慣れた公園が 赤や黄色に染まって

秋がだんだん深まっていく

林の中に足を踏み入れると

別世界に迷い込んだようだ




カサカサと 落ち葉を踏む音が

静寂の中で やけに耳に付く

目の前を 枯葉がハラハラ舞い落ちる




同じ感覚を少し前にも感じていたが

それが1年前のことだと気付く

季節は恐ろしく早いスピードで

私の前を走り抜けていく





blogramのブログランキング

飛行機雲

20161117.jpg 


今朝 ふと空を見上げると青空に幾重にも描かれた飛行機雲

大空のキャンバスに いたずら書きしているみたい




飛行機雲は 飛行機が出す排気ガスではなく

実はきちんとした雲なのだそうだ

その飛行機雲はどのようにして生まれるの? 

飛行機が飛ぶ高度1万メートルでは

マイナス40℃以下の世界になっている

このような状態で排気ガスを出すと

その中の水分が急に冷やされて凍り

雲となって白く見えるのです

冬の寒い日に息を吐くと 白くなるのと同じ原理です

とはいえ そんなに頻繁に見られるわけではなく

飛行機の飛ぶ高さや上空の湿度、空気の流れなどの

条件がそろわないと発生しないそうです




この飛行機雲の先には 中部国際空港があって

飛行機の飛ぶ姿はよく見かけます

今朝は気温も下がって 朝のラッシュ時に

いたずら書きをしたようだ




本当は 見つけた時

もっとはっきりとした線を描いていたのだけど

カメラを取りに行った時間差で

こんなぼやけた雲になってしまった

残念!!




blogramのブログランキング

万両

20161116.jpg 


散歩コースでマンリョウが実をつけていた

我が家のマンリョウはまだ青い



日当たりが良いせいか ここの実はエンジ色

我が家のマンリョウはまだ青い



いつも見るのは もっと真っ赤な実だ

我が家のマンリョウはまだ青い



エンジでも真っ赤でもいい 色付くのを待っている

我が家のマンリョウはまだ青い



赤くなるとすぐ 鳥に食べられてしまうけど

我が家のマンリョウはまだ青い



そのマンリョウは 鳥が糞と共に落とした種が

金木犀の根元で育ったもの

そのマンリョウは まだ青い




blogramのブログランキング

ペチュニア・カーペット ブルーレース

20161115b.jpg 


昔は青い花なんてほとんど見かけなかったものだけど

最近は品種改良で 

多く見られるようになった



散歩中のお宅で見かけた ペチュニア・カーペット

綺麗なブルーが目を引き

レース模様が美しい

やはり カメラを構えずにはいられない (^_-)-☆



blogramのブログランキング

薄月スーパームーン

20161114.jpg 




今夜は 今年最も大きな満月になる 「スーパームーン」

地球と月の距離が約35万6,520キロとなり

満月としては68年ぶりの近さだという




しかし 生憎の雨模様

折角の大きな月も見られそうもない

それを予感させるように

昨夜はぼんやりと霞んだ月が出ていた




朧月だと思ったのだが

「おぼろ月」 は春の季語で 秋にはないそうだ

ぼんやりとした秋の月は 「薄月」 という

昨夜見た月は 薄月スーパームーンだったようだ






blogramのブログランキング

芝生

20161113.jpg 


公園に入ると 枯れ草の匂いがした

昨日までラフ状態だった芝生広場が

芝刈機が入ってきれいになっている

犬の散歩をする人も

今日は芝生の上を歩いている

こころもリードをはずして

フリスビーで 思い切り走って遊ぶことが出来た





blogramのブログランキング

今日の空

20161112.jpg 


今朝  テレビのライブ映像で

「素晴らしい秋空ですね」 の情報を見て

外に出てみた




なんて綺麗な空でしょう!

雲ひとつない真っ青な秋空が広がっている

見渡す限り シミひとつない

美しい空を見るのは久しぶりだ

木々も 少し赤くなり始め 空気も澄んで 

ひとつ 大きく深呼吸してみる




今日はいい事がありそうだ!





blogramのブログランキング

ピラカンサ

20161111.jpg 


あちこちで 燃えるように真っ赤な実を

枝にびっしりとつけたピラカンサを見かける

寒い北風に 灰色になりがちな景色を

強烈な赤と緑のコントラストで

その周りを明るく陽気にしている



ピラカンサの実には毒性があって

鳥も食べないそうだ

それを人が食べたらどうなるか試した人がいた

結果 

マズイ味を忘れるのに丸1日

刺激を忘れるのに3日もかかってしまった

と 感想を述べていたそうだ




こともあろうに それが本当かどうか

再び確認する人が現れた



だが・・・




小鳥も食べているし

苦くも渋くもなく ほのかに甘かった

15分くらい舌にわずかな痺れを感じたそうだが




なぜだろう?




結論として 時間の経過と共に毒性は薄れるらしいのだ

因みに前者は12月初めの挑戦で 

後者は2月下旬に挑戦したようだ

鳥たちもそのことを知っていて

食べごろになって集まってきたらしい



こんな記事を読んで試してみる人もいないだろうが

いろんな人がいて面白い

それも 「ピラカンサ」 をブログに書こうと思ったから

知りえた雑学だ


●参考ブログ  「ピラカンサの実を食べた」




blogramのブログランキング

木枯らし

20161110.jpg 


気象庁は 9日に東京で木枯らし1号が吹いたと発表した



愛知でも強いからっ風が吹きつけ

堤防の散歩は こころ(ポメプー)もよろけるほど

リードを引く手もかじかんで とても散歩どころでない

逃げるように堤防を降りて 公園内のコースに変更




汗の吹き出る真夏の散歩も辛いけど

これからの季節

寒さとの戦いが始まる




blogramのブログランキング

桔梗

桔梗 


毎月 月末に届く鉢植えが楽しみ

先月末に届いた花は

友禅菊や桔梗が 玄関の階段を飾っている




青紫色の星形をした桔梗は

秋の七草の1つとして 古くから秋の風物詩として親しまれているし

家紋にも多く取り入れられたり

とても日本的な花だと思っていたけど

英語では つぼみが膨らんだ風船のようなことに因んで

「balloon flower」 と呼ばれている



でもやっぱり

桔梗は 日本人の心情にピッタリで

色といい 形といい

日本的な花だ・・・・と言えるね





blogramのブログランキング

紅葉

20161108.jpg 


公園でも モミジ イチョウ ケヤキ など

少しづつ色づき始めた




博多では地下鉄工事に伴う大きな陥没事件が

朝から報道されている

人々の営みとは関係なく

自然は同じように繰り返しているのだが

人々の利便性と引き換えに

自然の摂理を狂わせていないのだろうか?



今進められているリニア中央新幹線

東京~名古屋間が わずか40分で結ばれるというが

そのほとんどがトンネルだそうだ

また 東京や名古屋は地下駅となって

大きな地下空間が作られることになっている

博多の事故を見ていると

人工の構造物が自然の摂理を壊していないか心配になる




秋になって 繰り返し紅葉が見られ

自然と共有できる生活が

改めて大切だと感じるニュースだった





blogramのブログランキング

工事灯

20161107.jpg 


街ではそろそろクリスマスイルミネーションが始まって

心浮き立つようなニュースが目に付くようになった

そんな華やかな話題もないこんな場所で

工事現場の注意灯が クルクル回って

暗くなった仮歩道を飾っている




人通りはないけど

電飾の中を歩くと ちょっと華やかな気分になる





blogramのブログランキング

落葉

20161106.jpg 


そろそろ冬支度が始まっている

明日の 「立冬」 を控え

木々の葉も役目を終えて

地上を染めている




室内犬は ぬくもりを求めて

窓辺の陽だまりでまるくなる

夜になると こたつが恋しくなる




blogramのブログランキング

月と空と芒と

20161105.jpg 



秋の夕暮れはいつも美しい

深い蒼から 淡いオレンジに空を染め

月が小さく 白い灯をともす

風もなく ススキも息を潜めている

この静寂の他は何もいらない




blogramのブログランキング

ガイラルディア

ガイラルディア 


散歩途中に 「ガイラルディア」 の花を見つけた

花の美しい姿が天人を思わせることから

和名を 「天人菊」 という

オレンジの色鮮やかな花を見ていると

明るく前向きな気持ちにさせてくれるのだが




ゲーム世代の若者に言わせると

「ガイラルディア」 は王道系のRPGゲームなのだそうだ

一見 「ガイラルディア」 で話が通じるのかと思ったが

いつも話は平行線になる




けど・・




そのゲームがなぜ 「ガイラルディア」 なのか?


ガイラルディア  




blogramのブログランキング

夕日

童謡・唱歌・流行歌全集より -7-

20161103.jpg 

現在まであせることなく歌い継がれている

童謡の「夕日」

夕日を見るとつい口ずさんでしまう





「夕日」は 童謡詩人の葛原しげるの詩に

大正10年(1921年) 室崎琴月が曲を付けた童謡

「ぎんぎんぎらぎら・・・」で始まる詩は

最初 「きんきんきらきら」であったが

小二の長女に 『きんきんきらきら』は朝日で

夕日は『ぎんぎんぎらぎら』でしょう と言われて

変更したという逸話もある



夕日  葛原しげる

ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
まっかっかっか 空の雲
みんなのお顔も まっかっか
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む


ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
カラスよ お日を追っかけて
真っ赤に染まって 舞って来い
ぎんぎんぎらぎら 日が沈む





blogramのブログランキング

寒い朝

20161102.jpg 


11月に入って 朝晩めっきり寒くなった

顔を洗う水道水が冷たくて

お湯を使う日が多くなる




「寒い朝」 で思い出すのは

1962年に発売された吉永小百合のデビューシングル

マヒナスターズと歌ったあの歌謡曲だ

当時の青春ソングが懐かしい




寒い朝  作詞 佐伯孝夫  作曲 吉田 正

  北風吹きぬく 寒い朝も

  心ひとつで 暖かくなる

  清らかに咲いた 可憐な花を

  緑の髪に かざして今日も ああ

  北風の中に 聞こうよ春を

  北風の中に 聞こうよ春を





blogramのブログランキング

ひっつき虫

20161101.jpg 


野草の花たちも この季節になると

種子をつくり次世代に備えようとしている




野草の多くは 冠毛と呼ばれる綿毛がついて

風に飛ばされて遠くに運ばれるものが多い

だが コセンダングサは鋭い棘で

動物の毛や人の衣類に引っかかって

遠くに運ばれる仕組みになつている




ワンコが散歩から帰ってくると

足や胸元に このひっつき虫がいっぱい絡まっている

これを取るのは大変な作業で

そんな苦労を知ってか知らずか

ワンコは今日も 好んで草むらに入っていく






blogramのブログランキング
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミング
単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
376位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: