FC2ブログ

薔薇の主張

20180630.jpg


いつもの散歩道の雑木の中に

点々と真っ赤な花が咲いていた

そうだ!

ここにはツルバラがあったんだ!

花が咲くまではいろんな雑木に混じって

全く存在感を隠しているが

1年に一度だけ 「思い出してっ!!」 って

よく目立つ真紅の花でアピールしてくる

分かったよ! 証明写真を押えたからね・・・・!!




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ギボウシに愛を!!

20180629a.jpg

20180629b.jpg


ギボウシに花が咲いた

冬は枯れてしまうのに 春になるとまた新芽が出て

ずっと植えっぱなしでも美しい葉を毎年見ることができる

その美しい緑の葉が好きで庭に植えている

花は葉から飛び出した長い茎の先に付く

蕾が好きなので 蕾のうちから撮り続けていたが

やはり 咲いてしまうと存在感の薄い花だ

花に焦点を合わせて撮ってみれば可愛い花なので掲載してみたが

どうしても蕾がメインになってしまう

私にとって 葉が主役の花のようだ・・・・・

もっと花にも愛を!(-_-;)




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

雨上がりの朝

20180628a.jpg

20180628b.jpg


雨上がりの朝は グリーンに輝く水晶の珠

昨夜の雨が すっかり疲れを洗い流し

まだはっきりとしない 薄曇の太陽を

かすかに跳ね返して光っている

キラキラした水晶は

目には爽やかに映るけど

肌にまとわり付く 生暖かい空気は

まだ 梅雨の中休みに過ぎない




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

逞しいオシロイバナ

20180627.jpg


家の前のガス会社の敷地に 毎年オシロイバナが咲く

オシロイバナは繁殖力が強いので ドンドン増えていき

一時は 一面ピンク色に染まったこともあった

ところが最近は 職員さんが雑草とともに根こそぎ刈り取っている

少しでも雑草が伸びてくると 

毎日の日課のように根っこから草を掘り起こしているので

最近は草も生えずきれいになっている




ところがオシロイバナも負けてはいない

淵の方の隅っこや 建物の隙間等で花を咲かせている

ショッキングピンクの花はとても目立つのだが

職員さんもこれは見逃しているのか?

勢力を伸ばしすぎると また刈り取られてしまうので

これくらいで ひっそり咲き続けて欲しい・・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ツバメ2度目の産卵 ⑤

20180626.jpg


ツバメって1年に2度産卵して繁殖するんだって!

緯度が低い地域では希に3回産卵することもあるらしい

そして 1回目とは違う なるべく近い場所で産むという




今年は既にこの場所から4羽の巣立ちを見送った

だが 暫くもぬけだった巣にまたツバメが戻っている!

しかも 卵を温めている様子だ

2回目の子育てが始まったらしい

情報によると1回目とは違う場所に巣を作るはずなのに

ズルして同じ巣を利用してる




だから 去年のリベンジツバメは

1回目をカラスに襲われても

2回目でリベンジが果たせたんだね!

今年の2回目に産まれた子達も 無事に巣立って欲しいものだ




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

見捨てられたアロエ

20180625.jpg

20180625b.jpg


もう1年以上前から不要になった鉢とともに

見捨てられたアロエがある

誰からも手をかけられることもなく放置されているのに

今 健気にも花を咲かせている

葉には枯れて茶色くなった部分もあるが

まだまだ強い生命力で存在感を示している

私はその逞しさに引き寄せられるように近づいて

カメラに収めたその花は 瑞々しく美しかった




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

雨の日の情景

ame.gif

20180624.jpg


「ある雨の日の情景」 といえば吉田拓郎だよね

彼のように雨の情景をうまく表現できないけど

散歩に出かけられない日は

ベランダからぼんやり外を眺めています




電線についた雨だれが ポツン ポツンと

一定のリズムで落ちている

じっと見ていると催眠術にかかってしまいそうだ

その向こうにある小屋でも

波トタンの屋根から ポタン ポタン




その先のずーっと遠く

堤防の工事は雨の中でも続いているようだ

トラックの出入りを誘導する 交通整理のおじさんが

雨の中ぽつんと立っている




ポツン ポツン

ポタン ポタン

ぽつん

雨が全ての音を打ち消して降り続いている




拓郎の「ある雨の日の情景」

ギターを練習してよく歌ったものだ!


(昨日の雨も一転して 今日は青空が輝いています)




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

合歓の儀式

20180623.jpg


太陽が傾き始める頃

合歓の木はそろそろおやすみの準備を始める

徐々に葉を閉じ始め 隙間が狭くなってくる

この閉じかけの葉のパターンが一番美しいと思う

淡紅色の長いおしべの花もきれいだが

その花の美しさは1日で終わってしまう

けど 閉じた葉は翌日にはまた開いてくる

おやすみ前に この儀式を毎日繰り返しているのだ

因みに 完全に眠ってしまうとこうなる!

nemu.jpg 




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

凶作年? ヤマモモ

20180622a.jpg


ヤマモモの実がなるのは 何時もこの時期だったよなぁ

そう思いながらこの木の下を毎日通っていた

先日 テレビのニュース番組で

毎年沢山できるヤマモモをパック詰めにして配っていたという人が

今年はひと粒もできないと不思議がっていた

異常気象だったからなんだろうか?

それでこの木も実がならないのか・・・・

改めて念入りに木の状態を調べてみたが

一粒も実をつける気配がない

それで調べてみた

収穫については豊作と凶作を隔年で繰り返すことが多い

実がならない年は一粒もできないこともある


そういうことなのか

でも これまでは毎年こんな写真を撮ってたんだけどなぁ・・・

20180622b.jpg




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

救世主となるか! オオキンケイギク

20180621.jpg

あちこちで繁殖を続けているオオキンケイギク

一面を黄色く染めて 遠目には美しいのだが

最近はどうもこの花が好きになれない

近くによって見ると

繊細で優しいはずの 花独特の憂いがなく

どこか荒々しい野性味に溢れている

でも 花が終わって寄り添っている姿は

こっちの方に惹かれてカメラを向けたくなる




2年前の毎日新聞にこんな記事が掲載されたことがある

全国の河川敷などで在来野草の生態系を壊し
厄介者となっている特定外来生物「オオキンケイギク」の花に
抗がん作用のある物質が含まれていることを
岐阜大工学部の纐纈(こうけつ)守教授らが突きとめた
論文はエルゼビア社(オランダ)発行の医薬品化学分野の
学術誌に掲載された
研究室は 製薬への応用を目指している




この後 この研究はどうなったんだろう?

厄介者とされているこの花も

いつか人類を助ける救世主となるのだろうか?




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ネジバナってこの季節だっけ!

20180620a.jpg
20180620b.jpg


こころを可愛がってくれる近所のおばあさんに

毎回 散歩中に出逢う

こころに会うために散歩時間を合わせているらしい

しかし こころはこのおばあさんが苦手のようだ

「ここちゃん 可愛いねぇ~♥」

そう言って触ろうとすると こころは必死に逃げ回る

「ここちゃんは いつもげんきだねぇ~♥」 って褒められる

道の反対側で出会っても 大きな声で

「ここちゃ~~ん♥」 って呼びかけて

気付いてくれったって喜んでくれます

いつも善意的に受け止めてくれるので

こころも もっと愛想よくなついてくれよと 申し訳なく思う




そのおばあさんが 手に沢山のネジバナを摘んで持っていた

ああ ネジバナってこの季節だったっけ!

去年は気づくのが遅くてシャッターチャンスを逃していた

おばあさんは綺麗だからと名前も知らないで摘んできたようだ

「ネジバナだよ」 って教えてあげて

自分は写真で採取することにした




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

子供の遊び方環境

20180619.jpg


少年らは自分専用の自転車に乗って公園にやってきます

昔なら 各家庭には1台しかなかったママチャリを借りたものだが

今は色も形もおしゃれな子供専用自転車です

篭にはそれぞれ かっこいいヘルメットが入っています

これらを持っていないと一緒に遊ぶこともできないのでしょう

しかも 公園での遊び自体も携帯やゲーム機やサッカーボールなど

仲間と共通するものを持っていることが必須條件




何もなかった昔の子供たちは

自分たちで工夫していろんな遊びをやったもんだ

釘刺し 陣取り 石蹴り 缶けり しゅっけん(めんこ)

缶馬ポックリ 車輪回し 竹馬 チャンバラごっこ はじめの一歩

カチン玉(ビー玉) 鬼ごっこ 字かくし 杉鉄砲 ゴムとび

いろいろ思い出すと懐かしくなる

こういう遊びは いつから継承されなくなってしまったんだろう・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

なんだか分かりますか?

20180618.jpg


今朝は大阪方面で震度6弱の地震が発生し
この地方でも震度4の地震情報が携帯に届きました
時間とともに大阪の被害状況が次々報告されています
被災された方にはお悔やみ申し上げます




この季節新芽がドンドン伸びてきます

地植えは先月のうちに摘み取ったけど

鉢植えでも伸びてきていたので新芽摘みをすることにしました

そうです 松の新芽摘みです

横から見ればすぐに分かると思うけど

真上から見ると ちょっと面白い形になりますよね

摘み取る前に写真に撮ってみました

matu.jpg 




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

咲き始めのツルハナナス

20180617.jpg
20180617b.jpg


鉢のツルハナナスも咲きはじめた

やっぱり蕾や咲き初めの花が好きなので

何度も写してしまう

ツルハナナスの咲き始めは紫色なんだが

時間の経過とともに白い花へと変化する


P6171442.jpg 


これだけ見てるとなんとも思わないが

比べると やっぱり咲き初めに軍配が上がる




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

何に見える? クチナシの蕾

20180616a.jpg
20180616b.jpg


八重咲きのクチナシが咲き始めている

その蕾がとっても可愛くてはまってしまった!

何かに似てる・・・・・

何だろう・・・・・・・?

何かしらこの形に覚えがある

なぜか懐かしい気がする

撮影の段階では思いつかなかった




家に帰って写真を見直してみた

知ってるのに思い出せない・・・・

何だったかなぁ~

・・・・・・・・・・・・

ちょっとイライラする




記事を書くためにPCにペースト

・・・・・・・・・・・

あっ!

あいつってこんな形じゃなかったっけ?

画像検索してみた

やっぱりそうだ!!!

ウーパールーパーに似てると思いませんか?!




可愛かったよね ウーパールーパー

でも 分からない人のほうが多くなったのかな?

こんな形の水性生物でした

ウーパールーパー

ウーパールーパーはカエルと同じ両生類でサンショウウオのグループに属しています
卵から生まれた時はエラを使って水中で過ごします
顔の左右に生えた3本の突起物は呼吸器官で魚でいうエラにあたります
しかしながらウーパールーパーは変態しないという珍しい特徴を持っているので
両生類でありながら変態前のこのまま水中で生息しています




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

草原のモニュメントバレー

20180615a.jpg
20180615b.jpg


ユタ州とアリゾナ州にほど近いモニュメントバレー

赤い大地にさまざまな形のビュート(孤立丘)やメサ(平たい岩山)が数多くある

アメリカの原風景ともいえるこの景色を

散歩コースの草原で発見!!!

人々を感動させ 多くの映画や写真の中にもおさめられてきたモニュメントが

こんな近くにあった!!

そんな風に思わせたコレは古い木の株です

硬層で侵食が止まり テーブル状に残ったこの株が

このまま石質化すれば 小さなモニュメントバレーだ

見慣れた場所でも仔細に観察してみると

意外な大発見に遭遇するものだ (^^ゞ

Monument Valley 
モニュメントバレーは、高さが300mにもおよぶ赤色の砂石で創られた自然の驚異的な地層




拾ったサボテン

20180614.jpg 

サボテンの花


川辺に自生しているウチワサボテンが

大きな黄色い花を咲かせている

もう何十年も前 我が家がここに越してくる前から

ここでどんどん増えているようだ

何ヶ月か前に増えすぎたサボテンを

近所の人が半分くらいに切り捨てたようだ

散歩で通るたびもったいないなぁって思っていたので

その中から一片を拾って帰った

余っていた鉢に無造作に刺しておいただけなのに

気が付けばそこに新しい芽が伸びてきた

サボテンの生命力は強いな!

このまま成長すれば 川辺と同じような花を付けるだろうか




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

そろそろ石榴も終わりだね!

P6041348.jpg
20180612w.jpg 


ザクロの花もそろそろ終わりに近づいています

先日は赤の八重咲きを掲載したので

終わってしまう前に 別の花も撮っておいた

花壇等に植えられている園芸種の美しい花は

撮ってないものが沢山あるけど

観賞用の園芸種でない 素朴な花たちのほうに

どうしても惹かれてしまう

作られた見かけだけの美しさでなく

内からにじみ出る美しさ・・・

人を見る目にも同じように

判断基準が歳とともに変わってきたようだ






blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ツバメ特訓中 ④

20180612.jpg


ツバメの子供たちもすっかり成長して

大人のツバメと見分けがつかなくなりました

少しづつ飛べるようになっています

これまでずっと親鳥から餌をもらっていたため

巣立ち後のひなはまだ自分で餌を取ることができません

親から離れて一人前になるまでもう少し時間がかかります

1週間ぐらいは 近くの電線に停まったりして

親鳥から餌をもらいますが 餌を自分で取ることができるようになると

巣立ったばかりのつばめ同士で集団生活をおくり

河原などにねぐらを作って生活をするそうです

秋になると南の暖かい地域へと旅立ちますが

今は 巣から遠く離れず少し飛んで

また巣まで戻ってきます

その様子が幼子のように可愛いんだけど

それが見られなくなるのはもうすぐのようです




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

鳥のプレゼントの南天

20180611.jpg


どっかから飛んできたナンテンが

いつの間にか庭の隅っこで根付いた

よく見ると白い小さな豆粒のような蕾から

可愛い花を咲かせ始めている

どこからやってきたのだろう?

7~8年前には隣の庭にナンテンの木があったことは覚えている

でも現在そこには物置小屋が建っている

小鳥が糞と一緒に落として行ったものだろうか?

マンリョウもそうだったが

鳥のプレゼントが狭い庭を賑やかにしていく




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

スミレの閉鎖花

20180610a.jpg


去年 堤防から採取してきたアリアケスミレが

春には可愛い花を咲かせていた

その後は放置状態だったが 葉は大きく成長してきて

ふと気付くと 風車のような形の種ができている!

そうです これが昨日お約束したその実です




しかし 不思議に思ったことがあります

花が咲いている時期はせいぜい2週間ほどなのに

その後にも蕾は次々できて しかも花は咲きません

実はスミレには花が咲く花と咲かない花の2種類があるんだそうです

春先にいくつかは普通に花を咲かせ

それが終わると花の咲かない蕾が生まれます

この花が咲かない蕾を 「閉鎖花 (へいさか) 」 と呼んで

蕾のまま受粉して すぐに実が大きくなってきます

だから いつの間にか実がたくさんできていたんですね

下の写真がその「閉鎖花」です

まだ いくつかできています

P6091393.jpg 


初夏ぐらいまでに「閉鎖花」をたくさん生み出して

子孫を増やそうとしているんですね!



大好きなサルスベリの実

20180609.jpg
夏ごろにピンクの花を咲かせる百日紅

花もいいのだが 種がこぼれた後の

このシーズンだから見られる 渇いた実の形が好き

とてもいい表情をしていて 毎年写真に収めてしまう

きれいな花もいいのだが

あまり人が注目しない形を見つけて楽しみたい




【予告編】

百日紅の実は以前にも掲載したが

実は百日紅の外にも 同じようなかわいい実を見つけてしまった

それが何かって?

それは明日のブログに掲載しよう!

お楽しみに!! (^_-)-☆




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

幸せの黄色い蝶々

20180608.jpg


時々我が家の庭に黄色い蝶々がやってきます

いつもヒラヒラ舞っていて なかなか写真に撮ることができません

根気よく待って 停まったところを撮ろうとしたら

オイオイ そんな場所かい!

どうせなら花に停まったところを撮りたかったな




黄色い蝶は 見かけるととても幸せな気持ちになります

黄色い蝶を見ると金銭面や仕事面が上昇すると言われています

他にも 「変化」 や 「飛躍」 「富」 という意味合いもあり

「天使からのメッセージ」ともされています

とても縁起が良い蝶なんですね!

幸せの黄色い蝶々 今度はいつ来てくれるかな! (^^♪ 





blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

梅雨の一喜一憂

20180607a.jpg

20180607b.jpg 


東海地方は昨日から梅雨入りした

ところが一転して今日は快晴!

我が家の草花はこの天気に一喜一憂している

雨の中咲き始めた合歓の花は

思いがけない今日の青空を喜ぶように

繊細な花をいっぱい広げ

雨の中で一際輝いていた紫陽花は

裏切った太陽が恨めしそう

気まぐれな梅雨 

さて 明日はどっちが喜ぶのか・・・・!?




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

梅雨入り前に

20180606b.jpg 


雨です

今日にも東海地方には梅雨入り宣言が出そう

昨日は入梅前最後の天気を楽しむように

楽しそうな親子連れが公園にあった

これから雨の日が続くようになると

外で遊ぶ子供たちや

散歩をする人も見られなくなる

こころの散歩も暫くお預けになる・・・




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

ツバメ成長記録 ③

20180605.jpg


雛たちも大分成長してきた

丁度 餌を与えてる所を撮ろうとカメラを構えたら

親鳥がいきなり翻って襲ってきた

去年はこれくらいの時にカラスに襲われている

かなり警戒心が強くなっているようだ





大きく口を開けてさえずっていた雛たちも

親鳥が去るとおとなしくなって

次に餌が来るのを待っている

今年も4羽の子供たちが生まれたようだ




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

初々しいマツバギク

20180604.jpg



散歩してるとどこの家でも見かけるマツバギク

同じように我が家でも咲いている

あまりに見慣れすぎてカメラを向けなかったが

開き始めてまだ先が伸びきっていない姿は

なんか初々しい

同じ住人なんだからその初々しさだけでも残しておこう!




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

似顔絵・藤井聡太七段

藤井聡太


最年少プロ棋士・藤井聡太七段 (愛知県瀬戸市) が

「棋王戦」 の予選決勝で中村亮介六弾に勝ち

本戦トーナメント進出を決めた

若干15歳で5月に史上最年少で七段に昇進したばかりで

高校進学後は負けなしの6連勝だ!





いまどきの若者は・・・ってこれまでいい意味で使われることはなかったが

最近は 彼のような素晴らしい若者が目に付くようになってきた

MLB エンゼルスの大谷翔平選手の二刀流フィーバーとか

別の意味でも アメフト危険タックルの宮川泰介選手の会見態度とか



逆に 日本大学側の会見や 最近の国会中継等を見ていると

若者たちからは 最近の大人は・・・・って言われそうだ

わが身に振り返ってみても 反省すべき事はないだろうか・・・




最近暫く描いていなかった似顔絵だが

思いつきで藤井七段を描いてみた


藤井グッズに使われている 「専心」 とは
心を集中させ 一つのことにだけ集中すること




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

意外に多い青い花

20180602.jpg
20180602b.jpg


花屋の店先を見てみても 赤やピンクが多くて

青い花は少ないものだと思っていた

農水省が消費者の好きな花の色を調査した結果

人気No.1の花色は「ピンク」で56.37%

次いで「赤」「紫」だったそうです

ところが 日本の野生の花の色を調べてみると

最も多いのが「白」で32%

二位が「黄」で30.2%

三位は「青色から紫」23.2%になるそうです

自然界の八割以上がこの三色で

「赤系色」は野生の花には極めて少ないということです

それで自分の写真を調べてみたら

最近のものだけでも結構ありました

青い色の花は珍しいとずーっと思ってたけど

ちょっと認識を変えないといかんね!





blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

こころ亀に驚く!




散歩の帰り道

道路の端っこに亀が潜んでいました

それを見つけたこころは

もう近づくことができません

早く逃げたくてリードを引っ張ります

とても臆病者なんです (-_-;)




blogramのブログランキング

※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。
検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミング
単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
863位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
304位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: