FC2ブログ

泡立つセイタカアワダチソウ

20181031.jpg



周りではセイタカアワダチソウが世界を黄色で塗りつぶしている

繁殖力が旺盛で嫌われ者だが

ひとつずつの花をよく見ると 意外に可愛い形をしている

固まって咲く花が泡立つようだからとこの名前になったようだが

花姿だけでなく 本当に泡立つそうだ

それを実際に実験したサイトがあった

その記事が こちら 「セイタカアワダチソウで風呂が泡立つ!」 だ

これで風呂に入って肌に問題ないだろうかとは思うが

意外な結果で面白いと思った

ドライフラワー作ってみますか? (^_-)-☆




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

トカゲのベッド

20181030b.jpg 


トカゲがツワブキの葉の上で眠っています

フワリとゆりかごの様なベッドが気持ちよさそう・・・

そろそろ寒さが身に染む季節になってきたから

土の中に入って冬眠の準備を始めたほうがいいよ!



ニホントカゲは変温動物です

変温動物とは気温によって体温が変化する動物で

日光を浴びて体温調節を行ったり

寒い冬になると土に潜り冬眠をします

冬眠と言ってもずっと寝続けるわけではなく

時々は起きてきて水を飲んだりするようです

トカゲを見る機会も 今年はもうこれで最後かなぁ・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

色付くサクラ

20181029.jpg


山のほうから だんだんと紅葉便りが聞かれるようになってきた

この辺りではもう少し先だろうけど

公園のサクラは 先のほうから少しづつ赤くなってきた

秋が急速に深まり始めている・・・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

⑥ 断捨離

20181028.jpg


断捨離って簡単に言うけど

とっても強固な決断力がいるもんだよ!

本も洋服も食器類もほとんど処分したけど

小物ほどなかなか整理が付かない

実家の家を整理した時は 何でも捨ててしまえたけど

自分のものとなると残しておきたいものばかりだ

写真は特に悩んだ

今はすべてデータなので簡単に保存できるけど

昔の写真はアルバムが何冊もあって

子供の頃の写真も息子は 「いらん!」 って言うけど

やっぱり残しておこうと思う

押入れの奥から 以前実家から貰ってきた

古い電話機が出てきた

やっぱりこれも残しておこうか・・・・・

こんな調子で断捨離はなかなかはかどらない




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

季節感の無いローズマリー

20181026.jpg


だんだん寒さが身に染む季節になってきた

歩いていても見かける花が少なくなってきたようだ

そんな中でもローズマリーが頑張って咲いていた

その花は 寒くて縮こまっているようにも見える

ローズマリーの花期を調べて見ると サイトによってばらばらだ

なんか一年中咲いてる気がする

そう思って以前投稿した記事を調べたら2月だったし 

寒さにも強い花なんだと分かる

季節感のはっきりしてる花は

花を見ると季節を 季節になると花を思い出すものだが

季節感の無い花は印象が薄くて損をしてないか?




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

最後の石蕗

20181025.jpg


ツワブキの花が咲いた

我が家の庭で咲く花としては最後かもしれない

考えてみれば 今年この庭で咲いた花たちは

みんな最後の花だったけど

そのときは思ってもいなかったので

これが本当の最後の花だと思うと なんか愛おしい

せっかくなら有終の美を飾って

もっときちんときれいな形で咲いてくれればいいのに

人の人生に合わせたような咲き方だなぁ・・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

はねる魚




夕方散歩してると バシャンと大きな水音がして

川面を魚が飛び跳ねている

佐屋川はヘラブナ釣りが有名で多くの釣り人も訪れる

そんなヘラブナかな? 跳ねるのが得意なフナかもしれない

あっちこっちで飛び跳ねているのは

明け方と夕暮れ前は 魚の活性が上がるかららしいです

これまで何度も飛んでる姿を写真に撮ろうと挑戦してみたが

タイミングが合わずいつも失敗

ずーっと もうあきらめていたんだけど

そうだ! 動画で撮ってみようと思い立った

でも なかなかカメラを向けている場所では飛んでくれない

音がした頃カメラを向けてももう遅い!

かなり粘ってやっとこれだけ

遠くで飛んでるものもいるから

目を凝らして見つめてみて!!

テレビで良く見る貴重な一瞬の動画は

奇跡的に運がいいか 粘り強い努力の末か

プロカメラマンはスゴイなぁってつくづく思う




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

丸葉アメリカ朝顔 お前もか!

20181023.jpg


なんか変じゃないか!

夕方5時半ともなれば あたりは薄暗くなり始める

昨日の記事ではマルバルコウソウを取り上げたが

今度は丸葉アメリカ朝顔が咲いている!

本来は早朝に開き 午前中には萎む一日花となっている

実際 夕方の散歩時にはいつも萎んだ花しか見てない

ところが昨日の帰り道 草原に沢山の花がに咲いていた

これからだんだん暗くなってくる時間なのに

体内時計が狂ってしまったのだろうか?

まるで月見草のように朝まで咲き続けるのだろうか?

写真でも暗くなり始めた時間帯がわかるだろ?

「丸葉」 と名前が付いた花が同じように狂い始めたか!




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

縷紅草と丸葉縷紅草

20181022.jpg


マルバルコウソウは秋の野原で最も目立つ野草のひとつで

11月中旬までは花を楽しむ事ができる

でも 一日花で午後にはしぼんでしまうため

私が散歩に出かける夕方近くは

いつも萎んでしまった花しか見ることが出来なかった

でも なぜかこの日は私が来るのを待っていてくれた!

これは写真に収めなきゃいかんだろう!



本来 ルコウソウは 「縷紅草」 と書き 縷は糸を意味する

糸のように葉が細く赤い花と言うことから来ており

園芸種として堂々と存在している

ルコウソウとマルバルコウソウの差はほとんど葉だけのように思われるが

マルバルコウソウは葉が丸く大きいだけで

雑草として野生化するに任されている

なんか理不尽じゃないか?

私はどちらかといえばこのマルバルコウソウの方が好きなんだけど!

ルリコウ 
ルコウソウ




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

赤い空 白い太陽

20181021.jpg


空が真っ赤に燃えていた

夕焼けは 雲が赤く染まっていろんな形を見せてくれるのだが

この日は空全体が赤く染まった



太陽光というのは元々は白い光です

「光の三原色」 で言うならば、赤、緑、青の光が混ざった色です

光が地球の大気層を通るとレイリー散乱が起って 

昼間は地球の真上に太陽があるので 短波長の青い光が乱反射して青く見え

夕方になると太陽が傾き 遠くまで届く長波長の赤色光が

大気中を通過してきて 赤い波長が目に入ってきます

赤い色が強くなるのは空気が澄んでいるときより

空気中に水分や塵などが多い時 空はより赤くなります

だから 空全体が真っ赤に染まる条件は

空気中に異物が多く含まれていることになります



赤く見える空はとてもきれいで魅力的だが

空気が汚れていると考えると感嘆ばかりしていられないかも・・・・

中国の冬の空はいつも空全体が赤く見えるそうなんですよ




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

隣家の花

20181020.jpg


隣家の並んだ鉢にも だんだん花が少なくなってきた

そんな中で可愛いピンクの花が目を引く

ベニバナセンブリだろうか?

(注:boku55さんから花名は「サザンクロス」と教えて頂きました)


枯れかけた鉢が並ぶ中で

可憐な花を見つけて ホッと癒される




だんだんと散歩途中のお宅で見る花も

少なくなってくる季節

よく手入れの行き届いた花が玄関先に並ぶお宅では

家人の人柄が慕ばれる




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

黄昏のススキ

20181018.jpg


テレビでは桜が咲いたとニュースで取り上げていた

気象異常で狂い咲きしたようだ

でも この季節ならやっぱりススキだね

黄昏時に赤く染まった空をバックに

シルエットとなって揺れるススキは

なんとも郷愁を誘う




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

やっと咲いたか秋明菊

20181017.jpg


このまま咲かないのだろうかと心配していた秋明菊

今朝は一輪だけ咲いていた

「やっと咲いたか 一輪だけか・・・

 他の蕾は咲かんのかなぁ・・・・」

花を見ながらブツブツつぶやいていたら

こころが 何だろうって見に来た

「見てみ!花が咲いたやろ!」

「こっちやなくて こっちを見てみ!」

こころには花は興味なかったようだ

米粒大の他の白い蕾は全然大きくなってないけど

またそのうち咲くのかなぁ・・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

空模様

20181016c.jpg 


散歩で外に出たらビーナスの上に

不思議な雲が 立ち上がるように空に向かって登っていた

ちょっと変わった光景を見ると

すぐに写真を撮ってしまう習性が止まらない

その散歩の帰りには 夕焼け雲が川面に反射して美しく

再びカメラを向ける

秋の空は刻々と変化し 日の暮れるのが早い




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

アイビーの花

20181015.jpg


去年は見ることが出来なかったアイビーの花

今年は見逃さないように時々見回りに行っていた

前回の投稿時にも書いたように

アイビーは、9~12月にピンポン玉ほどにかたまった

5枚の花びらを咲かせる

4~7日ほどと開花期は短いのが特徴で

ある程度の年月がたった株でないと花をつけない

だから アイビーの花を見られるのはとてもめずらしいこと

と書いてあったので特に注意してみていた

そしてついに撮影に成功!

地~味~~~~っ!!

花という華やかさは全くない

でも控えめなひたむきさに好感が持てる

やはり葉の形や色を楽しむ

観葉植物としての存在が大きいようだ




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

⑤ 本を売る

20181014.jpg


来年の引越しに備えて

少しづつ出来ることからやっておこう!

そう思って本の整理を始めた

とりあえず一ヶ所に集めて 「BOOKOFF」 の出張買取を依頼したが

本の買取には厳しい条件がある

表紙(カバー)がないもの
破れ・切り取りがあるもの
乱丁・落丁があるもの
書き込みがあるもの
日焼けがひどいもの
カビやシミがあるもの
ページや表紙カバーが変形しているもの
においがあるもの
全体的に汚れが目立つもの

これらの條件は大体見当が付いていた

しかし 最近の本は裏表紙にバーコードが付いていて

本の管理がバーコードでされるので

バーコードの付いてない古い本は

いくら綺麗な状態でも引き取ってくれない

金額よりも引き取ってもらうことを期待したのだが

結果的には半分以上が残ってしまった

本のほかにもCDやゲームソフト ギター キーボード

スピーカー カメラ等もあったので

引き取り価格合計 3,025円也

因みに本の買い取り価格は ¥5 ¥10 ¥50 に分類されるようだ

結局 残りを資源ごみ集積場のエコセンターへ運ぶことになった




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

白無垢の花 ムクゲ

20181013.jpg


今朝は冬の朝のように寒くて

厚めの羽毛ふとんが欲しいと思った

暑かった頃には よく見かけたムクゲの花だが

一旦見かけなくなって影を潜めたと思ったら

最近また公園で沢山の花を咲かせているのに気付いた

ムクゲの花には20種類以上の多くの園芸種があるようだが

このひんやりとした空気感の中では

純白の花がよく似合う

白いムクゲの花は 花嫁衣装の 「白無垢」 を連想させて美しい




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

モズの初鳴き

20181012.jpg


「キィー キィー キチキチキチ」

散歩の帰り道 どこかで甲高い鳥の声がします

鋭く挑戦的な鳴き声です

モズは 秋から冬にかけて1羽だけで縄張りを持つので

縄張りに侵入してくるものがあれば威嚇して戦うそうです

スズメより少し大きい鳥で 見通しのよい高いところが好きです

でも 鳴いているのは高い木の枝ではなくテレビアンテナの上です

こんなところで縄張りを主張してるのかな?

「モズの高啼き七十五日」 ということわざがあり

モズの高鳴きを初めて聞いてから75日目に霜が降りだすとして

農作業の目安にしている地域もあるそうです

そろそろそんな季節になるのかなぁ

以前 家の庭の木の枝に昆虫などが刺されて干からびたものがあったけど

これはモズの 「はやにえ」 という習性だと知ったことがあります

食料を備蓄するために行うなどの説もあるけど

実際には何のために 「はやにえ」 を行うのかよくわかっていないそうです

こうしてモズは1羽きりで冬を迎えます

モズって逞しいんだなぁ!




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

どうした! シュウメイギク

20181011.jpg


秋明菊といえばその名の通り秋の風情を感じさせる花のはずが

我が家のシュウメイギクは もうずーっと前から

小さな蕾を付けたまま一向に開く気配がない

どうした!?

このまま開かないままで終わることはしないだろうな?

心配になって去年を調べてみたら

やっぱり同じようなことを書いていた

世間様より少し遅れて咲くのがこの子の個性のようだ

そんなことぐらい覚えておけよ!って言われそうだ!

最近は記憶力が低下してるのだ (^^ゞ




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

④ 完成予想図

20181010.jpg


注文住宅で家を作ることはとても大変な作業だ

これまでに何度も図面での打ち合わせを行い

間取りの修正を繰り返している

その間にも資金計画やローン計画

建物や水回りのショールームを回り見積り作成

それらを元にまた修正とまだまだ先は長い

間取りが確定してないのでまだ流動的だが

キャドによる外観や室内のパースができている

これから先の作業を考えると気が重いが

こうした3D予想図を見ると

新しい家への期待を胸に頑張る力になる

このパース以降にも変更箇所があるので

完成すると少し違った形になるかもしれないのだが・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

表現しきれない夕日

20181009c.jpg 


最近 日の沈むのが早くなった

日光川の堤防では

夕焼け雲を撮るアマチュアカメラマンを

よく見かけるようになった

空を赤く染めて沈む夕日を撮るのには

絶好のポイントだけど

障害物のない広い空を撮るには

もっともっと広角レンズじゃないと

スケール感がとても出せない

自然の中では 小さな自分を思い知らされる




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

柿くへば・・・

20181007.jpg


柿の実を見ると昔の田舎の風景を思い出して懐かしい

日本の果実と思いがちだが

調べてみたら東アジアの固有種で 特に長江流域に自生しているそうだ

国別生産量では 1位が中国 2位が韓国 3位に日本とあった



「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」 は 有名な正岡子規の俳句

法隆寺に立ち寄った後 茶店で一服して柿を食べると

途端に法隆寺の鐘が鳴り その響きに秋を感じた

というのが句意である

この柿はまだ青くて 食うには早すぎる

そんな柿を見ても 「柿くへば・・・・・」 が浮かぶほど

誰もが思いつく有名すぎる俳句なんだな!




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

最後の金木犀

20181006.jpg


生暖かい風が吹いて 今週もまた台風に翻弄されるようです

庭に出るとそんな風に混じって

金木犀の甘い香りが漂った

我が家の金木犀は 今やっと香りを放つようになった

花も木も いつも人より一歩遅れている

来年の建替え工事で小さな庭もなくなってしまうから

だからこの甘い香りも

今のうちに十分堪能しておこう・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

欠伸をする樹

20181005.jpg


散歩の途中であくびをする樹を見つけた

それは神社の境内にあって

大きな口をあけて

思いっきり大きく欠伸をしている

神様に対して不謹慎じゃないかい!?

でも 幹の根元をこんなにえぐられても

青々と元気に葉を茂られていられるのは

神に見守られているからか・・・・な




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

行く? 戻る?

20181004.jpg


久しぶりのこころです

いつもの堤防通りは車両も通れるようになってます

でも車両は途中から一般道に降りるので

その先は草が覆い茂っています

普段 こころも車道に沿って一般道に下りていくのだが

この日はなぜかどんどん先に進んでいきました

人が踏み潰した分の細い道が付いているだけです

途中から あれ?おかしいなぁ・・・?

って気が付いたのでしょう

パタッと立ち止まって 考え込んでしまいました

「勝手に行くからやぞ! どうする?行くか戻るか?」

私が戻り始めると後からトボトボ付いてきます

そしていつもの降りる場所まで来たら

元気になって私を追い越し降りていきました




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

光の祭典 開幕!

20181002.jpg


10月に入って見上げる空はいつの間にか秋空になっている

沈む太陽の帰宅時間も早くなって

散歩の帰り道は 夕焼けショーの開演ベルがが鳴る

これからの季節

総天然色 光の祭典を見るのが楽しみになる!




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。

無事だったかな? カリブラコア

20181001.jpg


台風一過 気温は高めだけど気持ちのいい青空が広がっています

皆さんのところは如何だったですか?

こっちは風が強かったくらいで

緊急防災メールに怯えながら何年かぶりに雨戸を閉めて寝たけど

移動しなかった枝の大きい鉢植えが倒れたくらいで

何事もなく朝を迎えました

周りの評価は21号のほうがひどかったな!

だそうです・・・・(-_-;)




このカリブラコアは台風の前に撮影した

公園の管理事務所の前にあった鉢植えだけど

その前は広場になっていて風当たりも強そうな場所だったので

あの暴風に耐えられたかちょっと心配です

紫色がとても綺麗だったので

次に行った時も無事にまた見られるといいなぁ・・・




 ※ブログの励みになります。よかったら下の「拍手ボタン」をポチッとお願いします。
検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする75歳単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
98位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: