谷間のともしび

童謡・唱歌・流行歌全集より -2-

谷間のともしび


昭和9年に流行した 「谷間のともしび」

原曲は1930年代に発表されたアメリカ歌曲

『When It's Lamp Lighting Time in the Valley』を

東海林太郎が日本語でカバーしてヒットした

学校の音楽で習った記憶があり

単にふるさとを懐かしむ内容だと思っていたが

原詞では 犯罪を犯して逃亡中の男が主人公で

「もうお母さんにはあの世でしか会うすべがない

 お母さんはそんなことを知らずに

 おれの帰りを待ち続けているだろう」といった

悲しい歌なんだそうです (;_;)



blogramのブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミング
単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
331位
アクセスランキングを見る>>